社名:株式会社 本庄分析センター
住所:〒367-0048
埼玉県本庄市南1-2-20
TEL:0495-21-7838
[ 事業内容 ]
放射能測定
水質分析
その他分析業務

NaI精密タイプ

より精密に検査されたいというお客様にお勧めです。NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータを用いた放射能測定において、測定下限値2Bq/Kgは日本国内では最高水準の精度を誇ります。水や飲用茶、お米など密度が高い検体が対象です。そのため、検体によっては検査できない場合がございます。
測定機器 測定下限値 検体必要量 検査納期 検査料金
1検体(税別)
新型鉛シールドを使用した
NaI(TI)シンチレーション検
出器 (3×3インチ)
EMFジャパン(株)製 EMF211型
ガンマ線スペクトロメータ

2Bq/kg

1.5Kgまたは1.5L以上 2営業日以内 12,000円
※ 食品の検体量は可食部の重量です。(魚は可食部のみを送付願います)
※ 上記測定下限は密度1.0g/cm³の場合です。検体の密度や状態によっては、測定下限値が高くなることがございます。
※ 測定下限値はI-131、Cs-134、Cs-137各々についての値です。
※ 測定下限値未満の場合は、「不検出」という記載になります。

その他

下記の検査も行っておりますのでご利用ください。
含水率測定:検査品に含まれている水分量を測定致します。水分換算する必要がある際にご利用下さい。(税別2,000円)


溶出試験:検査品を溶液中に溶出し、その際の含有放射能を測定致します。(別途お問い合わせ下さい)



放射能検査のご依頼はこちら

金額・核種測定方法一覧

金額・核種測定方法


また、徹底した温度管理、湿度管理された測定専用室にて、測定しております。
全ての測定において、放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)の核種測定が可能です。
2台の測定器を使用しておりますので、短納期での検査が可能です。

弊社が使用している測定器は、厚生労働省から通知された
「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づき性能確認しております。

放射能検査機器